カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

12月 ターコイズ

12月の誕生石はターコイズ。この宝石には、愛を与える喜びを 成功をあなたへ というメッセージが込められているんです。
 宝石愛好家のハプスブルク家ルドルフ2世 ( 1552〜1612 ) の従医アムセルムス・デ・プートが体験した出来事です。 ルドルフ2世と宝石を結びつけた要因の一つとして、デ・プートから様々な宝石の話を聞いたからとも言われているんですよ。
  イメージ
 ある日、デ・プートは父親からすっかり色褪せてしまったターコイズをもらいました。  




「ターコイズは、人からもらうとその効力を発するものらしい。試してみるがいい。」と父親から言われ、 デ・プートはそれに彫刻をして印章として大切に持っていました。

イメージ  その後、1ヶ月も経たないうちに色が回復し、美しいターコイズ・ブルーに戻り、その直後に不思議な出来事が次々と・・・

 まず、彼の乗っていた馬車が転倒。地面に叩きつけられるが、無傷で一命をとりとめました。
 腕につけていたターコイズを見ると4分の1ほど欠けていたそうです。
ターコイズが身代わりになってくれたんですね。

 それから、またある時、脇腹に激痛が走り、骨が折れたような音がしました。しかし、体は何事もなくターコイズが半分に折れていました。

 そんなこともあり、デ・プートはターコイズに特に執心していたんですよ。
思い通りに物事を進めたい
闘争心を燃やす
決断力がほしい

イメージ

 そんな想いが伝わるかもしれませんよ。
 ターコイズは繁栄・成功を象徴する宝石なんです。成功を収めたい時、判断力・実行力が必要な時お守りとして持ってみてはいかがですか。
 また、ターコイズは自分で買うよりも人にプレゼントされると幸せになれるとされる宝石なんです。
 ケンカした後の仲直りに、あなたの大切な人に、プレゼントすると効果が倍増するかもしれませんよ。
イメージ  エジプトでは昔から「魔除けの宝石」「幸運の宝石」として用いられていました。

 そのため、ピラミッドの遺跡の中からも発掘されたんです。発掘された宝石の中では最も古い宝石で、しかも発掘された時にその美しさを失っていなかったというから驚きです。

 インディアンの伝説によると、神様がターコイズの粉末で空を染めたと信じられ、邪悪なものから身を守るお守り・旅人のお守りとして使われていたそうです。
 せっかく持っている宝石だもん!石のことを詳しく知って、もっともっとターコイズを好きになってください。

宝石言葉 成功・繁栄・健康
英名 ターコイズ
由来 ターコイズとはフランス語で 「 トルコの石 」 という意味です。しかし、トルコで採掘されたわけではなく、エジプトからトルコ経由でヨーロッパに持ち込まれたためこの名になったようです。
硬度 6
産地 イラン・アメリカ・エジプト・中国・メキシコ
比重 2.80
結晶系 三斜晶系
光沢 ろう蝋状〜無光沢
イメージ  そんな風に言われるくらい、ターコイズの色は空の青さと同じくらい澄んだものなんですね。

 「空気が純粋ならターコイズの色も純粋に。空気が濁ったらターコイズも濁る」と言い伝えられています。

 ターコイズは硬度は非常にもろいが、比較的大きな原石が採掘される宝石なんです。黒いネット(くもの巣模)が細かく入っているほうが高価だとされます。

 また、ターコイズは色を変えることで持ち主に異変を伝えてくれるという言い伝えがあります。それは、ターコイズは熱や汗で変色しやすい性質があるため、体温の変調にも敏感に反応するからなんですね。